バタンキューとはまさにこの事です。


昨日、14年目を迎えた歴史ある三谷ジム主催のスパーリング大会が開催されました。


もちろん私も朝7時に自宅を出て、20時を少し過ぎた辺りに帰宅。


かなり疲れていたようで、そこからの記憶が…


目覚めるともう既に朝と言う状態でした。


正直、確かに疲れました。でも達成感と言うか、充実感なんでしょうか?


皆さんの笑顔に癒されたのでしょう。


“心地よい疲労”でした。


当ジムからは総勢40名の方々が熱い試合を繰り広げたわけですが、今回残念ながら参加出来なかった方も沢山いらしたので、そこら辺を今後の課題にしていきたいと思います。


ちなみに全試合で80前後なので、約半分はうちだったんですね。


三谷ジムの皆さん、本当にお世話になりました。


今回もまた様々なドラマが生まれています。


前回のブログで、残念ながら涙を飲んだある会員さんの事を書きました。


その際、その彼とはある約束をしていました。


そしてその結果、今回は見事1ラウンドKO勝利!


しかも、最優秀賞を獲得。


試合後、本人から「あの時約束したので」と。


その言葉の中から、とてつもない努力をしてきた事が読み取れました。


プロ、アマ、スパーリング大会、関係なく、人が真剣に努力したことには感動しますね。


私の心にも刺さりました。


彼にとっては、短編ではなく、前回からの続きのストーリーだったんですね。


もちろん、他の試合にも数々の感動がありました。


全ての皆さんをご紹介出来ないのが残念ですが、本当に皆さん素晴らしい試合でした。


 


是非、昨日の感動から来年春の大会までのストーリーを書き続けてみてください。


きっと、短編にはない感動がありますよ。


DSC_0211.JPG