沢山のご声援を頂きありがとうございました。


本日はイマオカジムより2名の選手がプロデビューしました。


まず先陣をきったのは、宮崎竜です。


初回にタイミングのいい右をもらってしまい、フラッシュ気味のダウンからのスタート。


しかしその後は、よく冷静に戦いましたが、結果的に相手が一枚上だったということだと思います。


残念ながら、判定負けという結果でした。


そして、次にジムの期待を一身に背負い登場してきたのが大町朋也です。


両者ともに気持ちと気持ちがぶつかり合う、一進一退の大変白熱した試合は、三者三同の引分けという結果に終わりました。


宮崎、大町、二人とも後半にペースが落ちる事もなく、よく走っていたのが感じ取れる試合内容ではありました。


とは言え、勝ちに手が届かなかったことには、やはり理由があります。


お互い、そこを補い克服して、今日お預けになった勝利を、次戦は是非自らの手でもぎ取ってもらいたいものです。


今日の悔しさを忘れずに。


また頑張ってほしい。