朝8時半に集合して、22時まで突っ走りました!


100試合、なんと200人の方々にご参加いただきました。


そうです!昨日は当ジムにとっての一大イベント、マス大会が開催されたのです!


ご参加いただきました皆様、本当にお疲れ様でした。


また日曜日の貴重なお時間を割いていただき、大勢の方々にお越しいただきましたこと深く感謝申し上げます。


ありがとうございました。


大会を通し、"改めて"老若男女問わず、多くの方々にご利用頂いているのだということを痛感致しました。


その為にも、安心、安全な運営を今後も心掛け、完全ノーヒットであるマスボクシングの普及に努めて参ります。


そこでボクシングとマスボクシングの採点基準の違いについてご説明します。


① (ボクシングの場合)


有効なパンチによって、どちらが相手により深いダメージを与えたか。


★それが(マスボクシングの場合)は↓


【距離感】
マスボクシングの基本は寸止めです。
従って距離感が非常に重要になります。
相手が前に出れば自分が下がり、逆に下がる様であれば前に出て、といった具合に臨機応変な距離の取り方がポイントになってきます。
自分と相手との間に、あたかも見えない物差しがあるかの様に、適正な距離の維持が最もポイントに繋がります。



② (ボクシングの場合)


どちらが、より攻撃的だったか。ただし、有効なパンチを伴わない単なる前進は評価の対象となりません。


★それが(マスボクシングの場合)は↓


【スタミナ】
3ラウンド、最後までスピード、バランス、タイミング等の全体的な動きを継続するスタミナも採点対象になります。
また体力はもちろんのこと、精神面のスタミナ(集中力)を切らさないことも重要です。



③(ボクシングの場合)


どちらがよりディフェンス技術を駆使して相手の攻撃を防いだか。ただし、これも攻撃に結びつかない単なる防御は評価の対象とはなりません。


★それが(マスボクシングの場合)は↓


【ディフェンス】
ボクシングは相手があってこそ成り立つスポーツです。
単なるシャドーボクシングにならない様に、相手の攻撃に対し俊敏に反応して、的確に対応出来ているかがポイントとなります。



以上の様にまとめてみました。


次回の開催は4月を予定しております。


こちらを参考に日々の練習に励んでいただければ幸いです。


また次回の大会からは、更に充実した大会にすべく、新たな試みを多々用意してお待ちしております。


お楽しみに。。。